パチンコ ケイズk8 カジノ第4回 Xi、SoftBank 4G、UQ、EMOBILE LTE、カメレオンSIMの“トータルコスト”を比較する仮想通貨カジノパチンコ2 スロ 群馬

パチンコ ケイズk8 カジノ第4回 Xi、SoftBank 4G、UQ、EMOBILE LTE、カメレオンSIMの“トータルコスト”を比較する仮想通貨カジノパチンコ2 スロ 群馬

パチンコ ケイズk8 カジノ第4回 Xi、SoftBank 4G、UQ、EMOBILE LTE、カメレオンSIMの“トータルコスト”を比較する仮想通貨カジノパチンコ2 スロ 群馬

おすすめ tps ゲームk8 カジノ

インカジ 儲かる モバイルWi-Fiルーター比較の最後では、各社の料金プランをチェックする。次世代通信対応ルーターの場合、従来の3Gのルーターよりも料金プランが高めに設定されていることが多い。しかし一方で各社キャンペーンに力を入れ、さらにスマートフォンと同じく、ルーターの本体代金には毎月の割引も付与される。これらを加味して2年間のトータルコストを見てみると、上限いっぱいに使うと5万円以上の差がつくこともある。どのキャリアのデータ通信が、最もお得に運用できるのだろうか。

photo左上から「BF-01D」「ULRTA WiFi 4G 101SI」「Pocket WiFi LTE(GL01P)」「URoad-SS10」「b-mobile4G WiFi2」 「モバイルWi-Fiルーター徹底比較」バックナンバー 第4回 Xi、SoftBank 4G、UQ、EMOBILE LTE、カメレオンSIMの“トータルコスト”を比較するイー・アクセス、下り最大150Mbpsに対応した「Pocket WiFi LTE」を発表第3回 何ができる? 簡単に使える?――Wi-Fiルーターの設定ツールをチェック第2回 Xi、SoftBank 4G、WiMAX、EMOBILE LTEの実効速度は?――5か所で測定第1回 サイズ、カバー率、スタミナ――次世代通信対応のWi-Fiルーターを横並び比較第4回 端末代+通信料のトータルコストがお得なモデルは?第3回 買って即通信したい――簡単に設定できるモデルはどれ?第2回 最速のモデルはどれ?――速度テストとYouTube再生で比較第1回 サイズ、スタミナ、通信速度の違いは?――基本性能を横並び比較ヘビーユーザーにお得なUQ、イー・モバイル、日本通信

 各ルーターの端末代と料金プランを比較したのが以下の表だ。日本通信のみ、カメレオンSIMに最初から21日分の料金が含まれていることを考慮し、2年トータルコストの算出では、月額通信料を23か月分で計算した。ルーターの本体価格は各社の公式オンラインショップの価格を参考にした。

photo※2012年5月に契約した場合で計算。端末価格は各社のオンラインショップで調べ、2012年6月上旬時点に新規契約または機種変更した場合のもの

 高速通信対応のルーターは、通信代は一定額で変わらない「フラット型」+「長期(2年)契約」の料金プランが主流になる。しかし実際は複数の料金プランを用意している場合が多いので、フラット型とともに、2段階型など第2のプランも掲載した。

 結論から述べると、通信をめいっぱい使うと想定してトータルコストが最も安かったのが、日本通信の「b-mobile4G WiFi2」+「カメレオンSIM」の組み合わせで、120日間で1Gバイトの通信ができる「1GBフェア」の料金は8800円となる。ただし大量に通信をする人は早めに1Gバイトに達してしまう可能性が高い。そうなるとまたチャージが発生し、結果的に高くつく可能性がある。

 b-mobileを除くと最安はイー・モバイルの「Pocket WiFi LTE(GL01P)」(にねん+アシスト1600)で、2年間で9万3120円となる。にねん+アシスト1600ではアシスト(毎月の割引)代が大きい。EMOBILE LTEの速度制限は2014年5月以降とまだ先の話であるうえ、10Gバイト以上からと利用範囲が大きい。ただし解除料の金額は3万8400~1万800円と高い。であればUQ WiMAXの「URoad-SS10」(UQ Flat年間パスポート)はどうだろう。トータルコストでは9万7920円とイー・モバイルよりも4800円高いが解除料は安く、1年目は9975円だが2年目以降は5250円になる。そもそもUQ Flat年間パスポートは「1年の契約」なので、満了月(12カ月目)または更新月(13カ月目)には解除金を支払わずに契約解除が可能だ。高速通信はこれからも新サービスが出てくるので、長い目で見ると乗り換えしたくなることもあるはず。そんなときは解除料が安い方がいいだろう。

使用頻度にムラがあるならUQとドコモがお得

 筆者のようにたまに外出先でものすごく使うことがあるものの、普段は全然使わないという人にはどのプランがよいだろうか。この場合は2段階型のドコモとUQが候補になる。

 特にUQのURoad-SS10の2段階プラン「UQ Step」は月380円からなので、まったく使わない月があってもほとんど金銭的なダメージがない。もし上限まで使ってばかりだとしても、トータルコストは13万2320円で、他と比べても意外と安い印象だ。

 一方、ドコモの「Xiデータプラン2にねん」は月2500円から。これはまったく使わない月があると、筆者にはちょっともったいない印象だ。そんなときは他に「Xiデータプラン にねん」もある。こちらは月々サポートの適用がなくなるが月1000円から使える(上限は変わらない)。この場合、24か月だとXiデータプラン2にねんより下限額は3万6000円安い。「BF-01D」の月々サポートの割引額は24カ月で3万240円だが、それを加味しても2年使うと5760円得になる計算だ。ただしXiデータプランにねんの解除料は2万6880~9975円で1カ月ごとに735円ずつ減額していく形になり、途中で解約するとXiデータプラン2にねんよりも高くつく。

関連キーワードUQ WiMAX | モバイルルータ | 無線LANルータ | 料金プラン | LTE(Long Term Evolution) | Xi(クロッシィ) | カメレオンSIM | b-mobile | イー・モバイル | EMOBILE LTE | 日本通信 | URoad-SS10 | Wi-Fi | b-mobile4G WiFi2 | Pocket WiFi LTE(GL01P) | SoftBank 4G | WiMAX | ULTRA WiFi 4G 101SI | BF-01D | キャンペーン | 性能比較 | 次世代通信 | モバイルWi-Fiルーター徹底比較キャリアごとに最適なケースを考えてみた仮想通貨カジノパチンコオープン 戦 広島 カープ

Leave a Reply